記事の詳細

sperbee
タッジ車 ダッジ スーパービー をご紹介いたします!

羽ばたくミツバチ(スーパービー)をモチーフにデザインされたという「ツイン・ループ」と呼ばれるフロントバンパーが特徴。

1968年から販売が開始され、1971年が最終モデルとなりました。

1970年のモデルチェンジされ、ご覧のフロントフェイスになりました。

全長が532cm。Sクラスのロングよりも長い車体が特徴です。

室内も外観にたがわす広々としており、フロント・リアシート・天張りに至るまでがグッドコンディションで快適な居住性があります。

外装とは裏腹に、室内はウッドパネルで、シックでモダンな車内空間です。

ウッドパネルもグッドコンディション。ミッションは、『3速AT』となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る